There Is No Game: Wrong Dimensionレビュー&実績・小ネタ

ゲームを渡り歩き、第四の壁を壊せ!

There Is No Game: Wrong Dimension(通称Ting)は、「Draw Me A Pixel」から2020年8月にSteamにてリリースされ、2020年12月にiOS / Androidに移植されたポイント・アンド・クリックゲー……「ノン・ゲーム」。(iOS App Storeへのリンク

2015年にリリースされた「There Is No Game」(無料版)(iOS App Storeへのリンク)の正統続編である。

本記事では、作品レビュー(ネタバレなし)と、攻略情報(見逃しやすい実績)、Tingがもっと楽しくなる小ネタをまとめて掲載する。

目次

ゲームを渡り歩き、第四の壁を壊せ!「There Is No Game: wd」アプリレビュー

注:iOS App Storeに2021/8/29に投稿したものの加筆・修正版です。

プレイヤーである「User」が、システムの"声"である「Game」を相棒にして、いわゆる「第四の壁」を壊しまくることで進行する。

次々と新しい「ゲーム」が登場し、RPGや"基本無料"ゲーム、果ては音ゲー?まで、ゲームあるあるも交えながらはちゃめちゃに進む。

脱出ゲームにありがちなギミックも、メタな視点から一捻りして解いていく。

気づけばサックリ解けるものばかりで、ヒントもしっかりしているのでストレスも感じない。

退屈な要素は上手く排除されており、とにかくテンポが良い!

何より面白いのが相棒である「Game」の喋り。プレイ中、ぜひオーディオはオンで!

前作同様ナンセンスギャグで終わると思いきや、泣かせるサイドストーリーも。

挿入歌のバラードの使い方がまた上手い。

一つ一つのギミックが豪華&予想外で、こんなに「先のネタバレを見たくない」と思ったゲームは久しぶり!

プレイ時間はそれほど長くないんだけど、この「ゲームトラベル」がボリューム満点で、満足度は高かった。

素晴らしいプレイ体験をありがとう。

このノン・ゲームの面白さは、先の展開を予想させないところにあると思う。

本当はもっと内容を紹介したいんだけど、是非、この先は「エンディングを迎えてから」読んで欲しい。


「There Is No Game: wd」見逃しやすい実績と取得方法まとめ

ここからネタバレあり。実績解除方法(Chapter解禁など、ゲーム進行に伴って解除されるもの除く)を紹介していく。

未プレイなら正直もったいないので、是非インストールして自分で体験して欲しい。

エンディングまでプレイ済の方は下へ。

Caution!! [SPOILER] below...
※注意※
2021/8/31時点のiOS最新バージョン1.0.6をベースにしています。

目次


1.Roshambo Addict (Chapter 1)

"Roshambo(ジャンケン)"で、ハサミを取らずに10回負ける。GameがいちいちUserに皮肉を言ってくるのが面白い。

2.This is not a Beat’em up (Chapter 2)

Mr. Wilhelmの叫びから「H」を取った後も殴り続ける。……心なしか悲鳴の音量が上がったような。

3.Wrong Dimension (Chapter 2)

Mr. Wilhelmの家のプロトタイプ電話で、Chapter 6で入手できるCreatorの番号(555-8121)に掛ける。実績は解除されるが、残念ながら繋がらない。

4.Spam (Chapter 2)

Mr. Wilhelmの家のプロトタイプ電話で、Holmesがガチャ切りするようになるまで、Miss Voodooに何度も電話を掛ける。ただし、虫メガネを入手後~月を動かすまで(Holmesが電話の付近にいる間)でないとダメ。

5.Blue moon (Chapter 2)

「舌」の入手後、月の書き割りを「青」で塗る。月はMr. Wilhelmの家、路地、どちらにあってもOK。

6.Honey, I blew up the Hero (Chapter 3)

最初のHeroの部屋でカギを取るまで。Glitched Hammerで、部屋の全てのSpritesを小さくする。(Heroも一緒に小さくしてしまっても取得可能。)

7.Life sentence (Chapter 3)

Sword of Lifeを取りに行く道中の池で、ハスの上に乗ったHeroを落とす。

写真の状態で、ハスの葉にGlitched Hammerを使えばOK。Hero……ではなく、Gameの悲痛な叫びが聴ける。

8.Random luck! (Chapter 3)

Dimensional Templeで四つのスイッチが出てきた後、「シンボル」のヒントを一度も見ずに(Glitched Hammerを使わずに)仕掛けを解く。

正解は、左→上→右→下の順。Gameのセリフも若干変化する。

9.Follow the guide! (Chapter 4)

Dimensional Templeのポップアップ広告として登場する「Legend Of The Secret Official Guide」のヒントに従い、川と跳ね橋があるマップの茂みを5回クリックする。(Map取得後で良い。)場所は画像の右下参照。

10Serge Karamasov (Chapter 5)

まず、メタルブロック入手後、「Buster Chaplin」フィルターでプレイできるゲーム(Runner)で10回以上(?)失敗する。

すると、障害物がイス一個しか出てこないイージーモードになるため、そのイスを飛び越えればOK。

11.Carmack junior (Chapter 5)

GiGiの歌詞カードパズルを一度も間違えずにクリアする。(Returnを押す前にカードを入れ替えてもダメなので注意!)背景の文字をよく見ればOK。正解は画像。

LOOPがHOMEの前に入るのを見逃さないように!

12.Skeet shoot (Chapter 6)

「LOVE GAME」のメッセージを完成させた後、「Quit?」の質問に全て「YES」と答える。……正確には、出てくる全ての「YES」ボードを破壊する。

いくら頑張っても辞めさせてくれないGame。ツンデレ?

13.Better than Mr. Radar (Chapter 6)

「Rogue Quiz」の第3問で、5秒以内に「Instant Cassettes」を選択する。画像の位置。

なお、不正解である。

「Spaceball」というパロディ番組のパロディのようだが、ハイレベルすぎてちょっと理解できない。

ちなみに問題文を直訳すると次の通り。「哺乳類発現ベクターpMV2 BMPRをクローニングするために必要な制限酵素は?」(正解がない!)

14.Who you gonna call? (Chapter 6)

Creatorのスマホで、Chapter 2とは逆に、Miss Voodooの番号(555-2368)に掛ける。

今度はちゃんと繋がる。電話が切れた後のGameのセリフ、どこかで聞いたような……?

15.最後の選択肢 (Epilog)

最後に、エピローグで両方の選択肢を選んでクリアすれば実績はコンプリートできるはず。


「There Is No Game: wd」がもっと楽しくなる小ネタ集

パロディ・メタネタ全開の本作。知っているとTingの世界をより楽しめる小ネタを集めた。

完全ネタバレ注意!

1.一番最初のパロディ

ゲーム開始直後に流れるSE。オーケストラのチューニング音に聴こえるが、この音どこかで聴き覚えがないだろうか?

そう、懐かしのPS3の起動音である。

2.エラーコード4815162342

Chapter 1で「Loading…」をぶっ壊した後に出てくるエラーコード「4815162342」。

これは、2004年からアメリカで放送されていたスリラードラマ「LOST」に登場するミステリアスナンバーだ。

「LOST」では世界の法則を表す数列として登場したとか……? 本作での意味は、「宇宙の 法則が 乱れる!」といったところか。

3.ゲームがありませーーーん!!

GameとMr.Glitchの声は、ディレクターのPascal Cammisottoさん本人。

ちなみに、Chapter 1で登場する怪しい日本語ナレーターは「Koji Asano」さんで、本当に(?)日本人のようだ。

「こんにちはーーーーっ!! ゲームがありませーーーーーん!!!」

4.探偵は知っている

Chapter 2で、非科学的なことを全く信じようとしないHolmes。一度だけ、彼が実はGameを信じていることがわかるシーンがある。

彼らが絶体絶命の時、バスタブをひっくり返さずに彼らのところに行くと……

5.インディーゲームの宿命

Chapter 4で登場する”Ninecraft”の広告。Gameは「自分と同じように失敗する運命にある"インディーゲーム"のひとつ」と笑っているが、実態は……

6.「ラパッパザペーパー」

同じくChapter 4の広告。見覚えがあるだろうか? 日本が誇る(?)リズムアクションゲームを彷彿とさせるロゴ&キャラクターである。しかし、用途は……

7.「どんな映画が好き?」

Chapter 4で地図入手後、Exitの前で見つめ合うHeroとPrincess。しばらく眺めていると、彼らの愛(?)の語らいを覗き見ることができる。

ま、まぁ……愛の形は人それぞれである。

8.まさか実話?

「開発費が足りず、一部のプログラムが削られてしまった」という本作のプロットだが、もしかすると、このゲームが辿った経緯の一部が元ネタになっているかもしれない。

ディレクターのCammisottoさんは、本作の制作のため「Kickstarter」(クラウドファンディング)で出資を募っていた。しかし、目標額の10%をわずかに超えた額しか集めることができなかった。

開発自体は続けられ、無事リリースされた本作だが、その裏側には苦難の道があったようだ。

9.どこかで聞いたような?

実際に本作の中で遊べるゲーム(の元ネタ)以外にも、Gameのセリフの中で様々なゲーム(っぽいタイトル)が引き合いに出されている。Gameが口にしたゲーム名の例は……

Candy Saga、Battle of Duty、Sheep Simulator、Rusty Lake(そのまんま!)、Ironing Tycoon……等。

10.Just You and I

There Is No Game:WDのコンセプトに影響を与えたのは、かの有名なPCゲーム「The Stanley Parable」。確かに、ナレーターをおちょくって遊べる(?)ところは似てるかも……

11.Special Thanksに大物クリエイター?

Chapter 5でスタッフロールを好き放題荒らせる「Tim Elfman」と「Buster Chaplin」(とThe Cat)。

「Tim Elfman」は「ナイトメア・ビフォー・クリスマス」をはじめとするエンタメ映画を多数世に出した「ティム・バートン&ダニー・エルフマン」コンビのパロディだろう。CharacterもFXもそれっぽい。

「Buster Chaplin」は世界三大喜劇王の「バスター・キートン」 と「チャールズ・チャップリン」のパロディ。ご本人も登場している。

12.細かいことが気になる

Chapter 6で画面に現れる「Shopping List」。よく見ると、ありきたりな食材などの間に、怪しい物体も。そして最後までじっくり眺めていると、ゲーム製作者からのツッコミが。

……ごもっとも。

13.True GG

GiGiの正式名称は”Global Gameplay”。しかし、Gameは「GiGi」の名前にすごくこだわる。

恋人だからというのもあるだろうが、おそらく自画自賛ネタ。「GG」はゲームスラングで「Good Game」の略である。

14.この物語はフィクションです

エンディングクレジットの最後に出てくる言葉は、「このnon-gameを作る過程で傷付けられたプログラムはいません」。

良かった、Gameから切り裂かれたGiGiはいなかったんだね……。