スターデューバレー第二の人生を120%楽しむ小ネタ集(3)/リバーランド編2年目おまけ

モラル無視プレイのStardew Valley生活2年目から、前回書ききれなかった小ネタをちょっとだけ。

ここからセリフ・画像のネタバレ注意!
Caution! [SPOILER]
バージョンはiOS版2021/12/29時点最新の1.4.5.153をベースにしています。

目次:

リバーランド牧場を満喫したい!その2

前々回のプレイ日記で、「不便だけど釣れば楽しい」とまとめたリバーランド。

何とかこの立地を活かして、ステキにレイアウトできないか?と考えて一年……ようやく納得のいく(?)雰囲気に仕上がってきた。

2年目秋のリバーランド牧場はこちら。

一年前↓と比較すると、それなりに見違えるようになった……かな?

2年目にもなると、もうすっかり釣りから遠ざかってしまった(レジェンドまで釣るとやることがない……)

リバーランド牧場で2年間過ごしてみての総評

  • 釣りコンプリート序盤の釣り金策が楽
  • 初期家が船モチーフでかわいい
  • 農地が少ない&家屋建てづらい
  • 柵がいらないので手入れが楽
  • 橋を通るのが(めんどくさいけど)楽しい
  • 全体マップで見た時テンション上がる

リバーランド牧場にオススメのプレイ:

  • 時間を気にせず夜釣りがしたい人
  • ロケーションを楽しみたい人
  • 柵の劣化にイライラしたくない人

リバーランド牧場に向いてないプレイ:

  • 効率的にガンガン稼ぎたい人
  • 家屋を建てまくりたい人

まだまだあるぞこんなリバーランド:

参考に、他のユーザーの素晴らしいリバーランドレイアウトを紹介。これを見ると、うちの牧場もまだ工夫の余地がありそうだ……。

小島の土地はこんなに活用できる
家の前のメインロードがオシャレ
金時計をそこに置くアイデアが好き

さて、次はどんな牧場にしようか夢が広がる。スタンダードも気になるけど、ビーチでエリオットと暮らすのもいいな。

間違いだらけの住人紹介

こんな主人公に付き合ってくれた、ペリカンタウンの素晴らしい住人たちを紹介して、2年目を締めくくる。

テーマは、「住人たちが普段見せてくれない、意外な一面ピックアップ」!

※注意:コラではなくスクショですが、キャラのイメージと違う場面をあえて選んでいます。

エリオット

ビーチに住むギャル男。

……ではなく、家を飛び出してきたロマンチックな小説家志望。いつでも精神的な余裕を感じさせる、心の広いいい男だ。

クリント

いつも明るい鍛冶場のナイスガイ。

……とは言いがたい、だいぶ内向的で人付き合いのニガテな、鍛冶屋のおじさん。エミリーへの恋心がダダ漏れなのでよくネタにされる。無茶苦茶なCM撮影にマジメに付き合ってくれたりもする、素朴な人。

セバスチャン

研究者の継父と住むゴスボーイ。

……で(画像以外は)間違ってないけど、次回作でキャラ被りしているともっぱらのウワサ。余談だが、海外の人気投票ではよく一位になっている人気キャラだ。

ロビン

水渡りの術を持つ忍者の末裔。

……じゃなくて、めっちゃいい人かつ大工スキルまであるスーパーお母さん。でも、割とマジでよく牧場の謎の場所にいるゴトロのスパイか?

ディメトリウス

ロビンの最大の理解者で、セバスチャンとマルの明るいマイホームパパ。

……と言い切れないのが彼の難しいところ。キノコ洞窟かフルーツコウモリを連れてきてくれるあたりが最大の功績か。

マル

サンプルを壊しまくるドジっ子理系女子。

……というのはウソで、自律AIロボットのソフトウェアとハードウェアを独力でつくりあげる天才エンジニアである。でも雪だるまを作るのはニガテ。

ヘイリー

いつも泥だらけになって牛の世話をしているカウガール。

……そんなわけはなく、町一番の美人でそれを鼻にかけているオシャレ女子。好感度アップ後の性格のギャップが人気の秘密でもある。似てないけど、エミリーの妹。

エミリー

クリントに恋焦がれる、ストーカー気味の女性?!

……とは裏腹に、実際はクリントから密かに好かれている、スーパーポジティブ不思議女子。スピリチュアルに傾倒しているが、マジでスピリットパワーがあるような気もする。

サム

両親と軋轢がある、一匹狼のバンドボーイ。

……なんてことはなく、いつでも家族思い・友達思いの明るいいい奴だ。町で組んだバンドでロックフェスに出る行動力もあるが、そこに至るまでの決断力に欠けるのがたまにキズ。ペニーと"木登り"していたとの目撃証言アリ。

アレックス

己の肉体を何よりも愛する男。信じるのは筋肉だけ。

……まあ半分くらい当たってるかもしれない。彼の家族関係のエピソードは泣ける。悲しい生い立ちを乗り越えるように自分を鍛えており、精神的にも強く、信頼できる男だ。

アビゲイル

暗い雰囲気をまとった物静かな少女。

……ということはなく、感情豊かで冒険好きのおてんば娘。フルートにドラムと音楽の才能もあるらしい。実はピエールではなく、某キャラクターの娘ではないかと言うウワサも……

シェーン

アルコール依存に苦しみつつも、治療により自分を取り戻そうと奮闘している社会人。

……だったらよかったのだが、結婚すると元の自堕落に戻るとの落胆の声多数。クリントが目立ちがちだが、エミリーの相手役として設定されているのは彼である。

ピエール

力で客にタネを押し売りする悪徳商人。

……ということはないが、ペリカンタウンの他の店に比べやや商売熱心すぎる道具屋のおじさん。それが裏目に出て、スターデューバレーコミュニティでの人気は低迷。アビゲイルの父親だが……

キャロライン

ピエールの商売を陰から支える控えめな妻。

……という雰囲気に見合わず、実は娘のアビゲイルと同じく好奇心旺盛なところもある女性。その可愛らしさに、「結婚したい人妻ナンバーワン」と言われることも。

ライナス

町はずれに住む野生の仙人。

……で間違ってないのかも。残飯をあさって生活している反面、経験豊富で知識もある様子がうかがえる。MODでは虹色に光ったりするらしい。

他にも魅力的なキャラ多数。別の機会に紹介していきたい。

これで一旦2年目まとめは終了。まだまだ遊び方の広がるスターデューバレー、これからもまったり進めていきたい。

モバイル版バージョン1.5待ってます!!

関連記事:

スターデューバレー第二の人生を120%楽しむ小ネタ集/2周目・リバーランド編1年目

スターデューバレー第二の人生を120%楽しむ小ネタ集(2)/リバーランド編2年目